ママ友について

母親になって育児をする毎日の中でどうしてもストレスが溜まってしまう事が多々あります。それは、子供と家で1対1の時が多いように思うのです。娘は今1歳3か月です。だんだんと自我が出てくるようになりました。それは嬉しい事なのですが、ご飯を食べる事を嫌がったり私の姿が少し見えなくなるだけで大声で泣かれてしまったりと途方に暮れる事もたくさんあるのです。
そんな時にママ友と集まって育児の愚痴や悩みを話と心がとっても軽くなります。妊娠中はママ友を作る事にとても抵抗がありました。大人になってからの友達作りには勇気がいるものです。ですが、あるきっかけで年齢はバラバラだけれど仲良しのグループが出来てその一員になる事が出来ました。最初はお互い気を使いあっていたけれど今では何でも話せる間柄だと思います。年齢がバラバラなのが逆に良いのかもしれません。
育児をする上で家族の存在は大事ですが、その肝心の家族である夫の帰りが毎日遅くてほとんど母子家庭状態という人も多いと思います。我が家もそうなのですが、そんな時にもママ友がいるから心強いなと彼女たちの存在に本当に感謝している毎日です。

そんなママ友に感謝の気持ちを込めて年賀状を出そうと思っています。
年賀状 安いで検索したらよいサイトが出て来ましたので、こちらで頼もうと思います。

喜んでくれるといいなぁ。

ビスコは病みつきになる

毎日寒いので、こんな時期は温かい飲み物が欲しくなります。特に、紅茶が好きでよく飲むのですが、必ずいつもクッキーやビスケット等のお菓子類
を同時に食べたくなります。私の最近のお薦め商品は、江崎グリコから販売されている「ビスコ」というホワイトクリームとビスケットの融合が
癖になるお菓子です。このビスケットは、健康にも配慮されている様で5枚で乳酸菌が一億個摂取する事が出来るらしいのです。
ビスケットというと赤ちゃんや、幼児のイメージが世間一般に根強いからか、袋にも未だあどけない男の子がビスコを食べている様子が描かれて
あります。5枚入りで30円程の袋入りの商品がコンビニに置いてあり、箱に入ったビスコはスーパーで見かける事が殆どです。コンビニは用事の
ついでに立ち寄る人が多いので、袋に入った食べきりサイズの物が買い易くもあるのでしょう。
今日もコンビニに寄った時にビスコを購入しました。因みに、ココア味もあります。とても美味しいので、一度食べると病み付きになる筈です。

パラパラチャーハンについて

あまったごはんを使ってチャーハンを作ることが多いです。美味しいチャーハンと言えば、パラパラしているものを想像します。

卵と冷やごはんを混ぜるとパラパラになるということでやってみたものの、なんてベタベタしか感じになります。

何回やってもうまくいきません。まぁ、しょうがないか!とあきらめモードになりながらチャーハンを作っています。

レパートリーもにんじんと玉ねぎのチャーハン、ウインナーとたまごのチャーハン、と非常に少ないです。

だからいつも一緒になってしまい、またこれか!と思いながら口にしていることが日常茶飯事です。
レシピのサイトにはよくこんなに考えられるなぁと感心するほどの料理がずらりとのっていて勉強になります。
今度やってみようと思ったのが、炊飯器を使ってチャーハンを作るというものです。

材料を切って炊くだけと簡単です。炊飯器にいつもより少なめに水を入れるとパラパラになるそうです。
炊き終わってから溶き卵を回しいれて、ごま油を入れて混ぜると中華料理屋さんで食べるような味に仕上がるそうです。